【愛知】竹林とのコラボが美し過ぎる廃線【三河広瀬駅】

スポンサードリンク



スポット情報

名称 三河広瀬駅
住所 愛知県豊田市東広瀬町神田42-5
料金 無料
日時 2017年07月16日

 

 

三河広瀬駅

三河広瀬駅は、かつて愛知県豊田市にあった名古屋鉄道三河線の駅です。

昭和59年(1984)に廃線になり、駅舎は登録有形文化財となっています。

三河広瀬駅から廃線をたどって歩いていくと竹林のなかを廃線が走っています。

 

 

文化財にもなっている三輪広瀬駅駅舎です。

 

廃線以外にもウォーキング川沿いを歩く散歩コースもあるみたいです。

今回は廃線のみあるいたので往復一時間ぐらいでした。(撮影込み)

 

廃線!草が生えてなんてもいえない素敵な雰囲気です。

 

 

 

 

まとめ

自然と人間文化のコラボレーションでなんとも言えない魅力的な雰囲気でした。

こういう人間の文化施設が長い年月をかけて自然に呑み込まれていくようなものはとても好きです。

スポンサードリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です