うずしおクルーズ船~関西の隠れたカモメ撮影スポット!

スポンサードリンク



カモメってものすごく写真写りよりくないですか?

私はカモメが撮りたくて関西のカモメの撮影スポットについて色々検索してやっと見つけたのがこのうずしおクルーズ船です

カモメが撮りたい人、餌をあげたい人、とにかくカモメが大好きな人に是非行ってみてほしいです!

カモメは冬の鳥です。

カモメを撮りに行く際はしっかりとカモメがいるかどうか確認していきましょう!

 

スポット情報

名称 うずしおクルーズ船
住所 兵庫県南あわじ市 うずしおドームなないろ館
電話番号 0799-52-0054
料金 大人:2000円 子供:1000円
受付時間 9:00~17:00
日時 2017年01月28日

うずしおクルーズ船とは

鳴門の渦潮と言えば全国でも有名なんじゃないでしょうか?

そんな鳴門の渦潮を船で近くまで見に行ってみようと言うのがうずしおクルーズ船です。

往復約1時間船に揺られて鳴門の渦潮を見に行く観光船です。

と、まぁうずしおクルーズ船の本来の目的はうずしおを見に行くことなんですが私はカモメと戯れるのをおすすめします!

うずしおクルーズ船のカモメとは?

毎年冬になるとカモメが集まってきます。観光客がくれる餌に群がって、船が動いている間ずっと近づいてきてくれます。

餌は船の中で100円で買えます。餌を投げるとカモメが餌に飛びついていきます!手に持ってかざしてあげると直接手から取っていきます!

とってもかわいいし、写真写りもいいんです!カモメちゃんはなんであんなに写真写りがいんでしょうねものすごく絵になります。

おすすめの写真撮影スポットは?

出航してからすぐ、もしくは帰ってくるときです。

港付近のカモメはかわいいんですが鳴門大橋の近くに行くとあまり可愛くないカモメが…

なんか目が怖いです・・・・

かめもの種類が違うんでしょうか?港にいるカモメとは大違いです!

このカモメはこのカモメでかっこいいんですけどね・・・

 

港周辺もおすすめ!

うずしおクルーズ船の日本丸とカモメの相性がものすごくよかったです!!

うずしおクルーズ船周辺にもカモメがいます。しかし、なかなか近くには寄ってきてくれないので餌が必要です。

私はかっぱえびせんを買っておいて餌にしました。

しばらくするとカモメが寄ってきてくれました!

撮影した写真

かもめ

かもめ

 

まとめ・レビュー

カモメじゃなく渦潮を見たい人は春・秋に行くのがいいみたいです。

しかし、カモメを見たいのであれば冬一択です!

カモメを目的に行くと渦潮が見れなくてもしょんぼりしなくていいですからね!

 

スポンサードリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です