武田尾廃線跡~紅葉とが素晴らしいハイキングコース!

スポンサードリンク



すこしだけ廃線マニアが最近入ってきたなって感じます

今回は兵庫県にある廃線、ハイキングコースとして有名な武田尾廃線跡を紹介したいと思います!

2016年11月15日より正式に一般開放された武田尾廃線跡に写真を撮りに行ってきました!

スポット情報

名称 武田尾廃線跡
最寄駅 武田尾駅、生瀬駅
日時 2017年03月25日、2015年05月03日

武田尾廃線跡とは

JR福知山線が廃線になり、その廃線を歩くハイキングが昔から人気でした。

元々は立ち入り禁止のエリアで整備もしっかりとされていなかったので完全にグレーなハイキングコースでした。

しかし、2016年11月15日に兵庫県西宮市が安全対策工事を行い一般開放されたハイキングコースになりました。

武田尾廃線跡は元々電車が通っていた道なのでトンネルや鉄橋などがあります。

トンネルは数個あって、中は本当に真っ暗で、入ってしばらくするとなにも見えなくなります。ライトは必須です。隣に歩いている人もどこにいるかわからない状態になるので冒険しているような気分になれます!

鉄橋も、すごく味があって素敵な雰囲気の場所でした!

自然の中にあるハイキングコースなので川のせせらぎや、紅葉など見どころはいっぱいあります!

 

最寄駅は?どっちの駅の方が近い?

武田尾廃線に行くには最寄駅が二つあります。武田尾駅と生瀬駅です。

ハイキングコースを全部歩くとしたらどちらの駅からいっても帰りは別の駅になるのでどちらでも大丈夫だと思います。

私は生瀬駅の方から行きました。

武田尾駅の方が廃線からは近いのでおそらくハイキングコース歩いていたらつかれるので帰りは短い方にしようと思いました。

ハイキングコースは普通に歩いていたら2時間程度ですが写真を撮りながら進んだり、休憩を入れると3,4時間はかかるかなーって感じです。

ただ、いくら整備されたといっても洞窟の中はごつごつとしていて歩きにくいので歩きやすい靴で行くべきです!

 

おすすめの撮影スポットは?

鉄橋や、紅葉、自然な川、廃線跡など歩いていたらたくさんの撮影スポットがあります。

そのなかでも鉄橋トンネル前などはいい撮影スポットだったと思います!

私が行ったときは紅葉の時期だったので廃線と落ち葉を撮るだけで絵になりました。

トンネルなどは思ったより写真がうまく撮れないなーって印象でした。

 

撮影した写真

 

まとめ・レビュー

廃線と聞いていたのでもっと電車の線路があるのかと期待していきましたが、よく見ると「廃線跡」なんですね。

線路があった形式はあるんですが、線路があるとはいいがたい道でした。そこが少し残念なところでした。

 

 

スポンサードリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です