2017年なにわ淀川花火大会に有料エリアで撮影しに行ってきたよ!

スポンサードリンク



夏と言えば花火!夏と花火は切っても切れない関係ですよね。

そんな夏の代名詞とも言える花火!!大阪の花火で一番有名なのと言えば「なにわ淀川花火大会」です!

今回はなにわ淀川花火大会を有料席で見てきたので有料エリアがどんなところか、時間や混雑情報、感想・レビューをしたいと思います!

スポット情報

名称  なにわ淀川花火
住所 大阪府大阪市淀川区新北野
電話番号 06-6307-7765
開始時間 19:40~20:40(1時間)
撮影日時 2017年08月05日

なにわ淀川花火とは

平成元年から開催している大阪の花火「なにわの夏の風物詩」とも言われるぐらい大きい花火大会です!詳しい打ち上げ玉数は公開されていませんが約20000発ほど上がるといわれています。

打ち上げる場所は大阪市の十三バイパスとJR神戸線の橋の間で打ち上げります。

川の北の方を十三方面の会場、南の方を梅田方面の会場と言われていて十三方面の会場の方がメインとなっています。

 

協賛観覧席(有料席)は?

花火の正面で見る場所は協賛観覧席(有料席)となっていて、有料観覧席にも様々な種類があります。

船の上から花火が見れる「納涼船」、花火の目と鼻の先の「エキサイティングシート」、少し高いところから見れる「堤防パノラマスタンド」などたくさんの種類があります。

私が今回行った協賛観覧席(有料席)は堤防パノラマスタンドのライトスタンド2です。

三脚を立てれるのがパノラマスタンドのみなので三脚をたてて写真を撮りたい人はパノラマスタンドにしましょう!

花火の真正面ではないかもしれませんが、あまり他のカメラマンなどもいなく上の席が撮れるかなと思いライトスタンド2にしました。

実際はライトスタンド1でもよかったかもしれません。ライトスタンド1なら花火から遠い方はあまり初めの方は混雑してなかったので楽に堤防の上がとれると思います。

写真撮るのであれば一番真正面にあたるレフトスタンド1またはライトスタンド1がおすすめです。

花火を真正面から撮影できるので偏った構図にならないと思います。

ただしライトスタンド1の場所にはステージのようなものがあったので撮影するとすこし邪魔化もしれません。

実際撮影してないのでわかりませんが他のエリアの前よりは壁が高かったです。

パノラマスタンドの開場時間

パノラマスタンドの場合16:00から開場となります。(2017年)

パノラマスタンドは堤防の斜面の席なので上の席の方が高く花火が見えやすく下の席に行けばいくほど、周りの光や人で見えにくくなります。

私はカメラで撮影がしたかったので堤防の一番上の席を確保したいので開場の一時間前15:00から並び始めました。

15:00に行くとまだ並んでいる人は数人という感じでしたが15:30ぐらいから徐々に人が増え始め100人くらいは並んでたと思います。

16:00になると開場し、左奥から順番に詰めていくように指示があります。

みんな少し余裕をもって座る人が多いので18:00までなら頑張れば上の堤防の上で写真を撮ることはできると思います。

協賛観覧席(有料席)エリア

有料観覧エリアには基本的に出店がありませんでした。

一店舗だけ飲み物、きゅうり、から揚げ等を販売していました。

出店で食べ物や飲み物を買いたい人は一度有料エリアからでなければなりません。

18:00までならそれほど混雑してないので出入りは楽です。

18:00を超え始めると動くのがしんどくなるほど人が多くなりますので18:00までにやりたいことはすましておきましょう!

混雑状況は?

私が行ったのが15:00でしたが数人待っているだけでほとんど人はいませんでした。

そこから15:30分頃から少しずつ人が増えていきましたが全然快適に歩けるレベルでした。

開場時間の16:00~17:50分頃まではそれなりに自由に動ける感じでした。

18:00頃から人がだいぶ増えていて前がつかえている状況でした。

有料エリアの自分の位置には18:30分には戻っているように係りの人に案内されました。

18:00前には会場についている方がいいと思います!

撮影した写真

協賛観覧席(有料席)・花火大会レビュー

淀川花火は迫力が満点でした。近くで見れることはこんなにもいいものなんですね。

また来年も有料席で来ようかなとおもえました。

淀川花火はやっぱりすごいですね。花火大会の中には1時間などの時間でも一発一発ゆっくりとあげる花火大会も多いですが淀川花火はいつでもフィナーレかと思うぐらい次々と花火が上がっていきます。あきないように色々な花火が上がり、花火の打ち上げ方も変わるので一時間ずっと撮影を楽しめました。

音楽に合わせて花火が打ちあがるなど、実際の音楽と花火がしっかりと合っていたとは言えませんでしたが(すこしずれてるように感じました。)

結構若者向けの曲が多かった気がしますね。

「前前前世」や「恋」など話題ななった人気曲に合わせて花火が上がるのでテンションがあがります!

有料席のいいところは放送がしっかりと聞こえるところもあると思います。

私が去年行った無料の席ではスピーカーの声が何言っているのか全然わからなかったので音楽に合わせて花火が上がる感じも新鮮でした。

本当に辺り一面に花火が広がるという感じで

もう少し小さいのかなーと思いましたがめちゃくちゃ全体に広がります!

フィナーレや盛り上がるときの花火は十三バイパスからJR塚本駅の橋まで広がって海全体に花火が上がる感じでした!

このいっぱい広がっている感じは有料席での特権ですね。

 

まとめ

初めて花火大会で有料席を買いましたが非常に満足できる有料席でした。

すこし人をエリアにつめこみすぎかなーとは思いましたが花火が始まればまるで気になりませんでした。

無料席や遠くから眺めているより何倍もの感動があるので是非一度有料席をお試しください!

だいぶ満足できるとおもいますよ!

 

スポンサードリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です